ウデナフィル

パソコンに向かう人

ウデナフィルは日本で取り扱いのない「ザイデナ」と呼ばれるED治療薬に配合される有効成分です。

ザイデナはED治療薬の中でも最も新しい治療薬となっており、販売してまだ日が浅いこともあって日本では取り扱いがありません。

個人輸入代行を使えば海外から直接発送を受けることが可能となるため購入することができます。

今回はそんな新しい成分となるウデナフィルの紹介をした記事になっておりますので、効果から副作用などまでゆっくり解説していきましょう。

ウデナフィルの特徴

ウデナフィル最大の特徴は何と言っても全てのED治療薬を集結させた力を持っていることです。

これまでのED治療薬を振り返ってみましょう。

バイアグラであれば勃起力が強い半面で、副作用も強く食事の影響が出やすいと言った点。
レビトラは副作用や食事の影響こそ少ないものの勃起力が欠けてしまい、シアリスに関しては副作用などが少なく持続時間が長い特徴ですが、効果を発揮するために必要とする時間が3時間など即効性に欠けていました。

しかしウデナフィルはバイアグラの勃起力を持ちながら効果の発揮時間も短めであり、副作用などはシアリスにも負けない優秀さを持っています。
持続時間も11時間を平均としていることから、2005年に販売されて販売国である韓国ではシェア率2位まで上り詰めた商品です。

開発が韓国の製薬会社となっていることで、これまでアメリカやドイツのヨーロッパでしか開発されてこなかったED治療薬に革命を起こし、よりアジア人が使いやすいよう工夫された成分となっています。

ウデナフィルの効果・効能

ウデナフィルはこれまでのシルデナフィルやタダラフィル同様に、血管拡張剤やPED-5阻害剤と言った扱いになります。

血管拡張作用があることで、勃起に必要な海綿体への血液流入をしやすくし、勃起を促します。
また、EDの原因となるPED-5を阻害して、勃起を引き起こしても萎えてしまう、中折れしてしまうと言った現象を未然に予防し、最後まで強い勃起力を保つことができます。

血液循環を改善し、PED-5を阻害することで生活習慣病による血流が悪い男性でもEDを克服できたり、心因性EDなど精神的問題であってもしっかりと勃起を引き起こすことが可能となっています。

ウデナフィルの副作用

ウデナフィルにも副作用はあります。
血管拡張することによって、一時的に顔のほてりなどアルコール摂取時に引き起こすような体調変化が伴います。

ウデナフィルの副作用としては以下のようなものが代表的です。

  • 頭痛
  • 潮紅
  • ほてり
  • 消化不良など
  • 鼻づまり

どれも軽度であり、かつウデナフィルは副作用を引き起こしにくい性質となっているため、あまり気に留める必要もありませんが、持続時間が切れても長引いたり続く場合には医師に診断してもらいましょう。

これらの他に重大な副作用も確認されています。

  • 非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)
  • 発疹や浮腫などアナフィラキシーショック
  • 勃起時間の延長

上記3つに関しては重大な副作用のため少し深堀していきます。
海外の臨床試験ではPED-5阻害剤によって、資格能力の損失や低下を引き起こすことが判明しています。
体感では視界の色が青っぽく見えたり、丸いものが映り込むなどが報告されています。

成分が体質に合わない場合には発疹やかゆみなど食べ物アレルギーのような症状が出ますので、服用を中断してください。
アレルギーを持っているまま服用を継続すると最悪の場合にはアナフィラキシーショックを引き起こす可能性が高まります。

ウデナフィルは媚薬や精力剤などではないため、性的な刺激によって勃起を引き起こします。
服用しただけでは勃起を引き起こさない医薬品ですが、持続時間を超えて刺激がなくても勃起が静まらない場合には勃起時間の延長となっている場合があるため、必ずこれらの症状が出た場合には医師に診察してもらいましょう。

ウデナフィルの注意点

ウデナフィルを服用するにあたって併用禁忌と併用注意があります。

持病や現在治療している疾患によって医薬品を服用している場合がもっとも注意すべきだと考えられており、飲み合わせの相性によっては体調を大きく崩してしまう可能性があるため、ここでは注意薬の紹介を行います。

併用禁忌薬

  • 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)
  • sGC刺激剤(リオシグアト)

この2つに関してはタダラフィルと飲み合わせることで急激な血圧低下を引き起こす可能性が高いとされています。
絶対に併用しないでください。

併用注意薬

  • CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシンなど)
  • HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビルなど)
  • CYP3A4誘導剤(リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタールなど)
  • α遮断剤(ドキサゾシン、テラゾシンなど)
  • 降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリルなど)
  • カルペリチド

注意薬は少し多く複雑です。
禁忌薬のように併用禁止されているものではありませんがウデナフィル販売前の試験では、血圧の低下やAUCの増加・減少が確認されているため、該当する場合には医師に相談してから服用開始しましょう。

どちらも高血圧の方が服用するものが多く含まれています。
これらに概要しない場合でも、ウデナフィルそのものを服用してはいけない方もいるので、最後にまとめておきました。

  • 網膜色素変性症の男性
  • 重い肝障害を抱えている男性
  • 脳梗塞や脳出血など脳の疾患を過去半年以内に発症した男性
  • 心筋梗塞など心疾患系を過去3か月以内に発症した男性
  • 不整脈、高低血圧の男性
  • 狭心症男性
  • 血行が良くなることで心臓に負担が大きいと判断できる男性
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼを服用中の男性
  • ウデナフィルに対してアレルギーがある男性

上記に該当する場合には、ウデナフィルを服用することができないため、EDを解消する場合には医師に相談すると良いです。

参考・引用サイト

ウデナフィルは日本でまだ承認されていない有効成分です。
そのため日本の解説サイトがなく海外サイトを参考にこの記事を制作させていただきました。
そんな外部サイトを2つ紹介します。

wikipedia

wikipediaは世界中の権利者であれば誰でも情報を書き込むことのできるユーザー更新型コンテンツです。
そのため常に最新情報を深堀りされた内容となっており、管理者が存在しているため更新された後も必ず確認作業が入っています。
そんなwikipediaが紹介する記事は世界中で注目されていることから嘘偽りが一切なく、非常に安全性が高いと言われています。

PMC

PMCは国立衛生研究所が提供している成分の解説となっています。
他のサイトなどでも引用されているほど信頼度が高く、成分の論文記事と言って良いでしょう。
有効性や忍容性など、効果に関して追求した1ページとなっています。

まとめ

ウデナフィルは日本では承認されていない新しい成分であることから、まだ日本の医師ですらも触ったこと、見たことがない場合も多い成分です。
どちらのサイトも実際に研究されて書かれている記事なので信頼度は非常に高いと言えます。

総括

ウデナフィルはまだ日本で承認されていないEDを克服する有効成分です。

これまでのED治療薬に配合される有効成分はアメリカやドイツなどヨーロッパを中心に開発されてきましたが、それが理由で日本人には使いにくさなどが出てしまうデメリットも多くあったのです。

ウデナフィルは韓国の東亜製薬株式会社によって手掛けられた有効成分であることから、これまで懸念点であった副作用や体質の問題などをリカバリーして販売されています。

海外通販サイトを使うことでウデナフィルを含むザイデナやそのジェネリックを購入することができますよ。