個人輸入での医薬品の購入

アンケート

こちらでは個人輸入での医薬品の購入について解説しています。

日本の薬機法で認められている海外医薬品の個人輸入について、気になる方は是非ご覧ください。日本で未認可の医薬品を購入することができ、通院の必要も無く、診察料がかからないので効率よく治療を進めることができます。

個人輸入とは

個人輸入とは、海外で取り扱いのある製品を個人の使用目的のために海外から購入すること全般を言います。個人的に使用する以外(営利目的など)では個人輸入とはみなされず、輸入に必要な書類の作成などが必要となります。

医薬品に関しても、個人輸入は認められています。海外で販売している医薬品やサプリメント、化粧品なども個人輸入で購入することができます。

個人輸入と聞くとちょっと手間がかかるように感じるかも知れませんが、現在行われている個人輸入の多くが、個人輸入代行業者の運営する通販サイトを利用する形になっています。

本来であれば、海外から商品を購入する場合、海外とのコミュニケーションを外国語で行い、発送に関する情報のやり取りなどを行ったり、価格が高額になる場合、関税も発生する配送に関するトラブルも自分で対応する必要があります。

個人輸入代行業者を介した通販では、輸入に必要な書類(インボイス)や関税の計算など、手間のかかる作業を引き受けてもらえます。

個人輸入代行サイトの安全性

個人輸入代行サイトの利用はとても便利なものですが、海外から商品を購入して発送してもらうことに心配な方ももちろんいると思います。

ちゃんと配送してくれるのか、代金だけ受け取ってその後何も連絡が来なかったらどうしよう、偽物を売りつけられるのではなどの不安もあると思います。

個人輸入代行サイトではその心配はありません。基本的に日本人向けに作られてサイトは全て日本語で対応してくれます。
電話やメールでの対応の他、LINEなどSNSで連絡を取ることができるサイトもあります。このようなサイトは信頼できるサイトと言えます。

医薬品に関しても製品が偽物や粗悪品の心配も当然あります。しかし長年運営している個人輸入代行サイトは、正規品を取り扱っているため安全です。粗悪品や偽物を販売している業者はすぐに摘発を受けるため、長年運営を続けることはできません。

記載されている文章が自動翻訳を使ったと思われる、違和感のある日本語が使われているサイトも、日本人が関わっていない場合があるので注意が必要です。

個人輸入代行サイトでの購入方法

個人輸入代行サイトから医薬品を購入するのは、普段日本で通販サイトを利用し、買い物をするのとほとんど変わりありません。
手順は以下の通りです。

    ①サイトから欲しい医薬品をカートに入れる
    ②購入するものが決定したら、カートを確認して数量を決定します。
    ③数量を決定したら、配送先や連絡先、名前などの必要情報を記入し登録します。
    ④支払い方法を選択し、支払いをします。

指定の支払い方法で支払いが済み、入金の確認が取れ次第、商品が発送されます。
海外からの発送となるため、商品到着まで、7~14日ほどかかります。

発送されると、現地の配送会社から追跡番号が発行されます。それぞれの配送会社が行っている荷物追跡サービスを利用し、商品が今どこにあるかを確認することが出来るので、安心して商品の到着を待つことが出来ます。

緊急に治療が必要な疾患などは、時間がかかるため、病院で診察してもらう方がよいでしょう。
普段から服用している医薬品や、常備薬として手元に必要な医薬品を購入する場合に適しています。

個人輸入代行サイトでの支払い方法

個人輸入代行サイトでの支払い方法には、主に以下の3つがあります。

銀行振込

サイトから購入する場合、支払い方法を選択し購入が決定されると、サイトから連絡のメールが届きます。そのメールには、注文内容や金額の他に、振込先の銀行番号や支払い期限が含まれています。期限以内に支払いを済ませ、確認が終わると商品が発送されます。

クレジットカード決済

クレジットカード決済は購入する際に、カードの情報を登録し購入に進めば完了です。自動的にカードから支払いが行われます。

コンビニ決済

クレジットカードでの支払いができない方や、銀行振込で明細に振込記録を残したくないという方には、コンビニ決済での支払い方法があります。
サイトで購入を決定後、コンビニ決済での方法が案内されます。案内に従い、最寄りのコンビニへ行きレジで支払いをします。

サイトによっては購入の際にポイントが付与され、次の買い物でポイントを使用しお得に買い物ができる場合もあります。その中でも支払い方法でポイント還元率が変わる場合もあるため、購入の際にはポイントの付与についてもチェックしておくとお得に購入することができます。

総括

個人輸入で海外の医薬品を購入することは可能です。その際、個人湯輸入代行サイトを利用することで、スムーズに医薬品を購入することができます。
個人輸入では多くの海外医薬品から選べることでき、安価で購入することが出来、通院の必要も無いなど多くのメリットがある反面、商品到着まで時間がかかったり、使用に関しては全て自己責任となるなどのデメリットもあります。
緊急な疾患の治療には病院で治療薬を処方してもらうのがいいですし、普段日常的に使用する薬に関しては用法や用量が分かっている場合、個人輸入で医薬品を購入する方が便利でお得といえます。個人輸入は医薬品を購入する方法の一つとして選択するのがおすすめです。