ダポキセチン塩酸塩

時計をつける男性

ここではレクメズ社が提供するスーパーシリーズに含まれる、ダポキセチンに関して紹介していきます。

ダポキセチンはまだ日本で認められていない有効成分となっているためあまり日本人は知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事を読んでもらえればどのようにして早漏を改善するのか、そしてどんな特徴があるのかなど分かるように解説しています。

ダポキセチンの特徴

ダポキセチン最大の特徴は興奮を静め、射精感を薄めることで早漏を改善することです。

これは日本でまだ未承認とされているため、早漏症を抱えてクリニックに行ったとしても処方されることがありません。

早漏とEDは非常に密接した関係があり、EDを発症している男性の3人に1人の割合で早漏も発症していると言われている中、性問題に遅れをとる日本では未だダポキセチンが取り扱われておらず、現在もトレーニングなど即効性のあるものがないのが現状です。

そんな中世界では唯一早漏に効果を発揮するダポキセチンが臨床試験で認められており、早漏を改善するための内服薬として存在しています。

現在は個人輸入代行を使って購入することができる、早漏に効果が認められた唯一の治療薬、それがダポキセチンです。

ダポキセチンの効果・効能

ダポキセチンは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と呼ばれる医薬品になります。

早漏症に悩む多くの男性は脳内のセロトニン物質が不足していることがアメリカの研究結果で発表されています。
セロトニンは脳の神経細胞から次の細胞へと分泌されて行き、取り込まれていくのですがダポキセチンを服用することで、再度取り込まれるセロトニンを妨害してくれる働きがあります。

この働きによってセロトニン濃度が脳内で高まるのを防ぎ、因果関係となる「ノルアドレナリン」と言った興奮作用のあるホルモンなども抑えられることで、射精までの時間を伸ばすことが可能となります。

ダポキセチンの効果は実際の試験で確認されています。
販売される前に実際の臨床試験も行われており、約6,000人をターゲットにして行われた検査では実に72%の男性が早漏が改善できたと肌で感じられていることから、販売された経緯があります。

つまり過敏症など感度が良すぎるために射精してしまう早漏にダポキセチンは有効ではありません。
その場合には麻酔などでも使われるリドカインがおすすめです。

ダポキセチンの副作用

ダポキセチンには副作用があるため服用時に体調変化を引き起こす可能性が臨床試験で報告されています。
どれも軽度なものとなっているので、過度な心配は不要ですが症状が長引く場合や日常生活に支障が出る際には服用を中断して医師に診察してもらいましょう。

ダポキセチンの副作用は次のようなものが挙げられています。

  • 吐き気
  • 胃のむかつき
  • 頭痛
  • 下痢
  • 不眠
  • 鼻づまり
  • 立ちくらみ

ダポキセチンの主作用として早漏を改善する効果ですが、本来抗うつ剤として使われるダポキセチンはセロトニン濃度を調整する働きがあります。
そのため濃度の変化によって血管拡張作用や消化器官と関係している副交感神経に影響が出る場合があります。

頭痛や、めまいなどは、こめかみ付近にある毛細血管が拡張したことで引き起こすとされています。
これらの症状はダポキセチンの効果が薄れると共にやわらぐものなので、生じた場合でも焦らず時間経過を待ちましょう。

ダポキセチンの注意点

ダポキセチンを服用するにあたって注意しなければいけない人がいます。

  • 出血性疾患をおこしたことがある方
  • 腎機能障害のある方
  • 眼圧が高い方
  • 心血管疾患の素因のある方

出血性疾患をおこしたことがある方がダポキセチンを服用することで、疾患が誘発され副作用として出血性障害を引き起こす可能性があります。
腎機能障害がある方に対してはダポキセチンが有効ではないと言われているためこちらも危険です。

ダポキセチンは目の痛みなど目に関する障害が報告されているため、眼圧の高い方が服用する場合には上昇してしまう恐れがあります。
また、生活習慣病の糖尿病や高血圧の方がダポキセチンを服用してしまうと動脈硬化を引き起こしやすく副作用も引き起こしやすいと言われています。

これらに該当する場合にはダポキセチンを服用する前に必ず医師に確認してから服用すると安全です。

続いて併用禁忌薬と注意薬も合わせて紹介します。
ダポキセチンは飲み合わせが悪く、一緒に服用してしまうことで副作用が強く出てしまったり、思わぬ体調変化に見舞われてしまう場合があります。

現在治療中の疾患がある場合や持病を抱えて医薬品を服用している場合、これから紹介するものがあるかどうかを確認しておきましょう。

併用禁忌薬

  • チオリダジン
  • SSRI、三環系抗うつ薬、リチウム、トリプトファンなど
  • MAO阻害剤
  • CYP3A4阻害剤(アタザナビル、テリトロマイシン、ケトコナゾール)

ダポキセチンはうつ病や精神疾患を治療するための成分が含まれているため、これらと併用することができません。
特に注意したいのはMAO阻害剤です。

MAO阻害剤はダポキセチンを使うために服用を突如中断したとしても体内に残る可能性があることから14日間は禁止されています。
そのため14日以内にMAO阻害剤を服用した場合にはダポキセチンを服用すると「併用」としての扱いとなるため十分に気を付けてください。

これらは禁忌薬となっているため、該当する場合にはダポキセチンでの早漏改善は不可能となります。

併用注意薬

  • CYP3A4阻害剤
  • CYP2D6阻害剤
  • 血管拡張作用のある薬

これらはどれもダポキセチンとの相性が悪く血中濃度低下を引き起こす報告がされています。
そのため先に挙げた副作用が強く出てしまったり、頻度が上がる可能性があることからダポキセチン併用には十分注意しましょう。

医師や薬剤師などでない場合には、必ず医師に相談することをおすすめします。

参考・引用サイト

ダポキセチンの効果や副作用などを記載してきましたが、どれも参考サイトを参考に書かせて頂いております。
この記事では次のような外部サイトを基準にかかせていただきました。

KEGG DRUG

KEGG DRUGは日本で流通する医薬品成分に対してどのような効果や作用機序があるのかを明確に書いたサイトになっています。
またダポキセチンのように海外専門の医薬品も記述されていることから多くの一般人が参考にしている医薬品データベースサイトです。

Chemical Book

Chemical Bookは効果や副作用など注意点を表別で見やすく工夫されたサイトです。
説明欄に英語表記もあるため、日本人だけでなく世界中の人が薬の効果に関して網羅できる作りになっており、製造会社なども記載されているので色々な情報を知ることができる医薬品管理サイトです。

まとめ

これらの参考サイトは添付文書などもしっかり記載されており、信用性が高いサイトとなります。
効果効能や注意点だけでなく、実際の人体を使った臨床試験での報告結果なども書かれていますので、より詳しく確認したい方は覗いてみると良いでしょう。

総括

ダポキセチンがどのようにして早漏を改善してくれるのかを記載しました。
早漏はEDと併発しやすい問題ですが、現在日本の医療では医薬品を使って治療することができません。

しかしレクメズ社が手掛けるスーパーシリーズを使えば1錠でEDと早漏を改善し、より楽しい性行為をすることができます。

そんなスーパーシリーズを是非使ってみると良いですよ。